小さいころからの親からの暴力に耐えかねて、死ぬほど勉強して医者になった。先月どこで調べたのか、急に親が連絡して来た「一緒に暮らさない?お給料どれくらい貰ってるの?」

977: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:09:53 ID:SxTQBYLZ
両親の小さい頃からの暴力に絶えかねて、ほぼ底辺から死ぬほど勉強して、高校卒業して奨学金+アルバイトで大学卒業
卒業後、念願の医師になることができた
その後、看護師として勤めていた妻と結婚して共働きで生活している
先月の話で、両親から一緒に暮らさないかと電話があった
「○○に就職したんだってね。お給料どれくらい貰ってるの?」
「年収も結構あるでしょ?ボーナスはどれくらい?」
と明らかに人の金を漁って生活してやろうという魂胆が見え見えだった
ふざけんなと怒鳴って電話をガチャ切り
その2週間後にどこで調べたのか、うちへ両親がやってきた
この間の態度はどういうことだ!今まで育ててやった恩を仇で返すのか!
と自分達が息子にした暴力をそっちのけで捲くし立てる
「ふざけんな出て行け!育ててもらった恩よりも暴力を受けた恨みのほうが大きいんだよ!」
もう怒鳴ることしかできなかった
あんな屑が親だってことを再認識して泣くことしかできなかった
ずうずうしいを通り越して情けないよ

981: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:14:47 ID:xCYDL0Cy
>>977
お前何て言うか、すげえ強いな
一念発起して行動を起こせるのが凄いわ
奥さんと幸せに

 

978: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:12:18 ID:ek2uX8Lb
昼間っから2ch三昧とは随分ヒマな医者だな

 

980: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:14:40 ID:SxTQBYLZ
>>978
医師は非番すら許されないのかよ・・・

 

983: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:23:50 ID:OY44/dyL
>>980
非番じゃないぞ
スレタイって業務が残ってる

 

982: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/10(金) 14:17:47 ID:N5/Rkbj3
>>978
ずうずうしいやつだな

 

引用元: (-д-)本当にあったずうずうしい話 第126話

コメント

  1. 名無しらいふドカン! より:

    ライ麦パンの話かと思ったら
    かなり過酷な話だった

  2. 名無しらいふドカン! より:

    一緒に暮らさない?なんてどこにも書いてないじゃん。
    都合のいいようにスレタイ改変すんな。

  3. 名無しらいふドカン! より:

    >> 2
    > 一緒に暮らさない?なんてどこにも書いてないじゃん。
    > 都合のいいようにスレタイ改変すんな。
    ちゃんと書いてあるよ⇩
    先月の話で、両親から
    【一緒に暮らさないかと】電話があった
    「○○に就職したんだってね。お給料どれくらい貰ってるの?」
    「年収も結構あるでしょ?ボーナスはどれくらい?」
    と明らかに人の金を漁って生活してやろうという魂胆が見え見えだった

  4. 名無しらいふドカン! より:

    嫁のほうの籍に入っちゃえば?

  5. 名無しらいふドカン! より:

    奨学金で医者とか
    医学生でバイトとか

  6. 名無しらいふドカン! より:

    親は医大に進学した事知らなかったのか?
    高校卒業して縁切って、そこから自力で大学入学は金銭的に無理だろうし

  7. 名無しらいふドカン! より:

    米4
    それが一番良さそうだよな
    もしくは新しい戸籍作って書類上でも完全に縁切りが報告者と報告者の嫁さんのためになる

  8. ̵̾���餤�եɥ��� より:

    ※6
    バイトと奨学金で頑張ったと書いてるじゃないか。
    医学部って数千万掛かるイメージだからどの程度の奨学金が出たか知らんがなんとかなったんだろ。

  9. 名無しらいふドカン! より:

    >> 6
    > 親は医大に進学した事知らなかったのか?
    > 高校卒業して縁切って、そこから自力で大学入学は金銭的に無理だろうし
    医学部じゃないからもちょい安いけどできたよー、ただ普通の1種だけじゃ足りないから、奨学金(返還不要)と、特待生(授業料一部免除)を使うことになるよ、あとは支障ない程度のバイトで、部屋は学寮。これで大学に関しては一切親の金には手を付けてない、ていうか親は大学いってることすら多分知らない(汗)

タイトルとURLをコピーしました